« 映画の感想 | トップページ | ゾイドジェネシス #39 入城 »

2006年1月 8日 (日)

功名が辻 #1 桶狭間

昨年と比べるとやや地味ながら、実力がある所を押さえている配役はなかなか。
ただ、ちょっと信長と秀吉が老けすぎなのが笑えたが、反町の信長よりはるかに良い。
舘ひろしって声が弱いなぁ…もしかして病気かなにか?
でも、舞はかなり上手い部類ではなかろうか。
柄本明、江守徹はやっぱり巧い
福本先生の超絶斬られはアッパレ。
千代の子役がうまいのだが、来週で終わりかと思うともったいない。
シナリオ的には、みんなが良く知っている桶狭間で、特に変わったところはなし。
初回なので、これでよかったと思う。

アナウンサーがナレーションだと、急にドキュメンタリーっぽくなるのが今ひとつ。
来週からは今川義元の霊w(江守徹)にナレーションをさせた方がよいのでは?
と思ったら、次の枠の風林火山でナレーションやってた。
ついでに福本先生も、30分と経たない間にまた切り殺された(笑)

|

« 映画の感想 | トップページ | ゾイドジェネシス #39 入城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159569/8064566

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 #1 桶狭間:

» ’06大河ドラマ 功名が辻 [mmkg]
功名が辻の第一回放送を見ました。 最初10分くらい見逃してしまいました。 千代と一豊の配役だけ知っていたのですが、他は全然知らない状態で見始めたので、配役に驚いたり頷いたり。 まず驚いたのが、蜂須賀小六役の高山善廣さん。金髪で長髪のイメージしかなかったので、一瞬誰だか分かりませんでした(笑)。 以前大仁田厚さんが演じていましたので、これですっかり蜂須賀小六=プロレスラーのイメージが私の中に。 舘ひろしさんが時代劇、は新鮮でした。鎧兜をダンディーに着こなす唯一の俳優さんでしょう(笑)。 年... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 22時59分

» 第1回「桶狭間」 [TOSUのブログ]
今年も、始まりました。 大河ドラマ「功名が辻」の感想です 「お命の持ち帰りこそ、功名の種にございます。」 これが、メインテーマなのでしょうね。 利家とまつの「わたくしに、御任せ下さりませ。」みたいですね。 やっぱり、カブっているのでしょうか 今回は、....... [続きを読む]

受信: 2006年1月 9日 (月) 12時22分

» ★功名が辻「初回:桶狭間」を観て [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
いよいよ始まりました!功名が辻! 事前学習がまだの方はこちら! 初回を観た!それについて少々!   [続きを読む]

受信: 2006年1月 9日 (月) 22時53分

» 微妙 「功名が辻」 [V35スカイラインクーペが欲しい!]
見た感想としては微妙な感じがした。 山内一豊(上川隆也)といえば、妻千代(仲間由紀恵)の内助の功で、馬を買ってもらって出世の機会を得るというのが有名な話。馬といえば、まあ現在の乗用車みたいなもの。この大河によってうちのお方さまが啓蒙されて、私に、「V35....... [続きを読む]

受信: 2006年1月 9日 (月) 23時42分

» 功名が辻・第1話 [あずスタ]
1/08より、2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」がスタートしました。 [続きを読む]

受信: 2006年1月10日 (火) 01時13分

« 映画の感想 | トップページ | ゾイドジェネシス #39 入城 »