« 2005年6月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月29日 (日)

ゾイドジェネシス #42 密会

作画:ボロボロ。銀ちゃんに書いてもらえばいいのにw
    相変わらず3D班はGJ!<今日はそこしか褒めるところが無い。
脚本:重要な事項(フラグ)があったはずなのに、そうと感じさせないくらい雑。
    割り振られた話をただ流しただけなんじゃないかと小一時(ry
演出:メリハリが無い。あのお花畑は何?
結論:この回飛ばして見ても問題なさそうなくらい完全に捨て回。

ロン先生がフェルミと会っていた行動は、問題にならないんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

大相撲初場所・千秋楽

久々の日本人力士の優勝
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !
栃東おめでとう!しかも14勝1負という立派な成績だよ!

ところで、安馬とか黒海には三賞無いんですね…。
個人的に、今場所一番の殊勲賞は安馬ではないかと思うんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

ゾイドジェネシス #41 政変

・ジーンの野望
 ディグのジェネレーターが枯れたとか、ジーンは国王の実子ではないとか
 重要事項をさらっと流しつつ、国王ララダ三世とジーンの会話は
 ソーラレイ一直線というかデギンフラグな予感!
 と思ったら精神的ブラクラであっさり国王は死んでしまった…。
 まあずっと体調よくなさそうだったから、少しずつ毒もってたのかもしれないけどね。
 という訳で、ジーンはついに国王に即位した。
 そして葬式でのアジ演説キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!
 

な に こ の ギ レ ン 総 帥 !(笑)

 そういえば、ディガルドも元は「公国」だったね。
 日曜の朝っぱらから、しかものっけからいきなり濃ゆい展開に、
 思わずディガルドを応援したくなるな…ってここ数週間ずっと応援してるんだった(笑)

 先週、死んじゃうんじゃないかと心配していた、「うっかり少将」ことザイリンは
 思ったよりも元気で、なんと中将に昇進!
 どうやらジーンの思惑にある程度気が付いたらしいのだが、それでも付き合ってるんだからいい奴だよなぁ。
 あ、この人「うっかり」なんじゃなくて「天然」なのか!?

・解放軍はオウガバトル状態
 英雄となってモテモテなルージくんは、順調に領地拡大をしていた。
 今の所カオスフレーム高そうな感じだが、ルージくん、世紀末救世主伝説になるくらい働きすぎ。
 そのうち倒れそう…は!これはルージくんとザイりんが戦闘中に二人とも過労死(ry

 ディガルド側の濃さは、ほとんどガンダムみたいな(悪く言えばありきたりな)展開だったが
 解放軍サイドは中継ぎっぽい感じ。伏線を張った回かな?
 ところで、ここ数週間、ジーンの( ̄ー ̄)ニヤリで終わっている気がするのは気のせいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年1月20日 (金)

今日の大相撲

ドルジ(朝青龍)が連敗したのを見たのって初めてかもしれない…!

天皇陛下も生で座布団乱舞を見たのは初めてなんじゃないかな(笑)
これは久々に日本人力士(栃東)が優勝とちょっといいかも。

ところで、NHK大相撲中継にデーモン小暮閣下また来てくれないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月16日 (月)

功名が辻 #2 決別の河

・千代は字が書ける=それなりの教育を受けている
 と言う事が読める視聴者がどれだけ居ることか。
・一豊と千代の別れ
 どっちもいじっぱり(笑)
・今日の主役は藤吉郎?
・千代は子役の方が(ry

今回はアッサリ風味…ていうか、
デーモン小暮閣下出演の大相撲中継(5時間)で昨日はお腹いっぱいだった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月15日 (日)

今日の大相撲中継

デーモン小暮閣下GJ!
話は面白いし、知識も豊富で、解説もわかりやすい。
解説:音羽山(元貴ノ浪)、ゲスト:デーモン小暮閣下
とあったが、実際には
解説:デーモン小暮閣下、あいづち:音羽山
くらいの比率だった(笑)

NHKはこれからデーモン閣下を大相撲中継のレギュラーにしてくれないかな?

ところで魁皇の黄色い浴衣が、物凄く可愛かった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾイドジェネシス #40 バイオ粒子砲

今回も色々盛りだくさん

・ザイリン捨て駒フラグ?
うっかり少将とは呼ばれても、優秀なザイリンを使い捨てにすると、
ジーンも後々困るんじゃないかと言ってみる。
フェルミなんて、役に立たないだろうし、ディガルドって人材いなさそうだしねぇ…。
なんかザイリン体調が超ヤバス…。

・町の開放。
旗を立ててたり、開放という言葉や、それを奪い返しにやってくる敵に
「伝説のオウガバトル」と「オウガバトル64」を思い出した。
は!もしかしてザイリンは死神部隊?
トラフの町の人がボラー少将の助命に来たのは良かった。
おかげで軟禁状態で戦況解説をしてました。

・無敵団とか無敵兄者とかって正直寒い…
今回は詰め込み過ぎの感があっただけに、寒いギャグを飛ばせば
上手く纏まったのでは…って、これ子供向け番組だったね。
これはこれで別の作品としてやれば良いんじゃないの?私は見ないけど。
このアニメは偵察や食料を重視しているあたりは、とても子供向けとは思えないくらい
戦記ものとしてよく出来ているが、惜しむらくは予算がガンダムくらいあれば…

・サブタイトルにもあったバイオ粒子砲よりも…
ザイリンが土偶兵に!バーサーカーシステムかオーガノイド?
つーかヴォルケーノ、マジヤバイって
もしかして一般の土偶兵もスーツが自動操縦しているの?
うっかり少将の意思と関係なくサブタイトルのバイオ粒子砲発射。
これ、最初から要塞に向かって撃っていたら攻略終わったのでは…

・ザイリン、倒れる!
ジーンを信用しているのか、何か言おうとして飲み込んだザイリン。
いい加減、あの赤くてツノがあって通常より速いゾイド(ry
…ザイリン!ザイリン!しっかりして!!

・ロン先生のゾイド講座
「また会おう!ルージ君! ハハハハハハ、とぉぅ!」
で今日の全てが吹っ飛んだ(つ∀`)
さっき、あんたの心配をした私がバカだった…
あんたは鳥坂先輩ですかッ!

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年1月14日 (土)

「義経」#30 忍び寄る魔の手

大河ドラマ「義経」おさらい
#30 忍び寄る魔の手

・アバンタイトル
 忍び寄る雅ちゃんこと後白河法皇の魔の手について。<タイトルそのまま

・正妻
 川越氏の娘、萌。
 うつぼは義経が正妻を迎えた事を怒っているが、どうみても静より萌の方が品があって、
 武家の妻に相応しいように見えるのだが…。
 っていうか静が白拍子にしては声が悪い。

・範頼苦戦中
 義経が平家追討軍から外れたのは、自分達の策が当たった、と喜ぶ
 雅ちゃんこと後白河法皇と、高階栄子こと丹後局。
 やっぱ、あんたたち妖怪だわ。

・都は盗賊天国?
 朱雀の翁に盗賊を集めさせ、盗賊行為を止めさせるように説得する義経。
 実際は厳しく取締りをしたんだろうけど、この物語では彼らと義経は幼馴染だったというトンデモ設定なので
 こう言う事が可能らしい。
 「所領を頂いたその時は、耕す土地を与える」って、なにその空手形…
 しかし、盗賊たちを大人しくさせた功により官位は従五位下を内示される。
 義経!罠だ!罠!!
 とさすがに今回は気付いたのか、頼朝に伺いを立ててみたのだが、詰めが甘いというか何と言うか…。

・忍び寄る雅ちゃんの魔の手
 母を亡くした義経を慰めるという名目で、義経を寺に呼び出す雅ちゃんこと後白河法皇。
 「さぞ、寂しい思いをしたであろう…」と泣き出す雅ちゃん。

 何 こ の 泣 き 落 と し ! (笑)

 結局、義経は従五位下の官位を受けてしまった…
 ああ、どこかで見たエピソード3(笑)

・その頃鎌倉では
 順風満帆の鎌倉政権(まだ幕府ではない)だったが、頼朝の私生活はというと
 義高が死んで以来、大姫がショックで引篭もり、食事もとらなくなってしまった事が悩みだった。
 おまけに義経は勝手に官位を受けちゃうし、政子はうるさいし、初代将軍も大変ですね。

・「大将は九郎判官義経!」
 頼朝は屋島の平家を攻める事を決定する。
 もちろん、義経は試される訳だが、兄が頼りにしていると思うばかりで
 そんな事には気付かなかった…。


感想

なんか引き伸ばし色が強い回だった。
ただ、弁慶と佐藤兄が義経の両腕という感じになってきたのは○。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 9日 (月)

しかし、ブログって

昨日の深夜(もう今日になっていたけど)にカウンターを付けてみたのに
物凄い勢いでカウンターがクルクル回ってます。

自分の親サイトに日記をかいても、日に10件くらいしか見られていないのに(笑)
初心者が、こぞってブログを書きたがるのが解る気がする…
もっとも、本当にこれが見た人が楽しんだか?役に立っているか?
はたぶん別の問題…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

ゾイドジェネシス #39 入城

今回は素晴らしかった!
・前回、かっこよく「よし突入だ!」でバーンと引いたのに開始早々逃げた主人公達にワロタ。
 篭城戦には市民の理解が必要とか、ボラー先生マジ有能!
 やっぱり敵は頭がいいほうが面白い。
・湿地に囲まれた天然の要害トラフ。ぶっちゃけ備中高松城。
 そこを責めるのに主人公グループは虎のサーミックバースト×2で沼地を干上がらせる。
 こんな作戦、きっと太閤殿下でも思いつくまい…っていうか、おまえら、それ環境破壊!
・そこにデカルトドラゴンのサテライトキャノン(?)キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
・エレファンダー門のブチ壊しGJ!
 バイオゾイドが相手でなければ役に立つ。
・城内大暴れ、3D班GJ!
 今日はランスタッグの動きが良かった。ちょっとゾイド欲しくなった。なんかパイルバンカー…
 バイオメガラプトルは完全雑魚化…量産した意味あるのか?
 やっぱりロボットアニメが戦闘シーンが命ですね。
・ボラー先生が重傷でも生きてて良かった。
 しかしキャラデザインが悪いのか、一瞬ラ・カンかと思った(笑)
 このアニメ、オッサン達のデザインは完全に失敗だと思う。
・やっぱりロンは空の人でした。
 バイオゾイドは空の人の技術だそうですが、じゃあ、なんで空の人はバイオゾイドを作らないんだろう?
 きっとバイオティラノ量産の暁には(ry
・最後の最後でうっかり少将出撃!でカッコ良く終了。
 なかなかよい出来だったが、特にゾイドの特徴に合わせた使い方が特に良かった

| | コメント (0) | トラックバック (3)

功名が辻 #1 桶狭間

昨年と比べるとやや地味ながら、実力がある所を押さえている配役はなかなか。
ただ、ちょっと信長と秀吉が老けすぎなのが笑えたが、反町の信長よりはるかに良い。
舘ひろしって声が弱いなぁ…もしかして病気かなにか?
でも、舞はかなり上手い部類ではなかろうか。
柄本明、江守徹はやっぱり巧い
福本先生の超絶斬られはアッパレ。
千代の子役がうまいのだが、来週で終わりかと思うともったいない。
シナリオ的には、みんなが良く知っている桶狭間で、特に変わったところはなし。
初回なので、これでよかったと思う。

アナウンサーがナレーションだと、急にドキュメンタリーっぽくなるのが今ひとつ。
来週からは今川義元の霊w(江守徹)にナレーションをさせた方がよいのでは?
と思ったら、次の枠の風林火山でナレーションやってた。
ついでに福本先生も、30分と経たない間にまた切り殺された(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2005年6月 | トップページ | 2006年2月 »