« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月29日 (水)

ゾイドジェネシス #50 「再生」(最終回)

とりあえず、終わった~。

バイオティラノは、武装と呼べる部分が粒子砲と副腕だけ、と
自称神にしてはえらく地味なのだがw 圧倒的に強かった。
途中まで、「なんか富野アニメみたいな全滅エンドじゃあるまいね?」
と不安になったりしたくらい。
特にティラノがカコ良かったのは、銀スタッグの槍(元ケントロの槍)を引っこ抜いて、バイオプテラに投げた所。
プロイツェン閣下とか、ヒルツとかと比べても、ジーンはヘタレじゃなかったしw
しかし、ゾイドコアという言葉を5年ぶりくらいに聞いた希ガス。

・作画
 Aパートの止め絵の作画は◎だが、動画が変。
 で、ジーン倒したら作画も力尽きた様子…おい!右手と左手で握手したぞw
 3Dは迫力あった。
 特に、バイオプテラと、一瞬写った大地を埋め尽くすほどのゾイドの大軍。

・最後はちょっと時間切れ
 先週がまたーりで今週が時間切れ。構成が不味いなぁ。
 まあロボアニメの最終回で、3D作画が良かったし
 良いバトルだったから、それなりに良かったんだけど…。
 本来の旅の目的がジェネレーター修理だったはずなのに、止め絵2枚で済まされて、
 なんかムラサメ繋げたら直ってる?
 このあたりの補足が1分で良いから欲しかった。
 あと3分あれば…って7人の侍のオマージュとはいえレギュラーキャラが少なければ
 Aパートでvsティラノ戦終わらせる事も可能だったのではないかと思う。
 しかも、ソウタやフェルミにも時間を割いたし…それに仲間の無駄な復活とか要らなかった…
 っていうかアレだけやられても仲間はみんな生きていたんだから
 ジーンがまだ生きていても、全然不思議じゃない感じ。
 石版みたいなのに埋まったプロイツェンという前例もあるしw


伏線の回収
・ルージくんだけがムラサメライガーに乗れる謎
 「そうか、ムラサメは僕の願いを聞いてくれたんだー」
 えええええええええええええええええええええええ!

・エヴォルトの謎
 死と再生の繰り返しってことはムラサメさんエヴォルトする度に新品になってたのか!
 でも、「再生能力が高い=死んでも復活できる」ではないと思うんだ。
 いや、きっとDr.バランシェみたいな技術者が作ったという事で納得しよう。

・棺桶の中の人の謎
 二つ目のゾイドコアというか、中にもう一匹ゾイドが入っているのだが…

・おじさまは、生 き て い た
 えーと、セーフティシャッター?
 燃える展開ではあるが、引っかかるものを感じる…
 子供向けアニメでむやみに「死んだと思ってたら生きていた」をやると
 「フーン、どうせ生きてるんだろ?」と感動半減。
 バーリアの力ということは、メカゲオルグも生きているんですかッ?

ところでバイオゾイドの「バイオ」って、何だったんだろう?



このアニメ、自分は2クールくらいから見たんだけど、一旦切って(笑)
3クールの戦記物っぽくなったあたりから、また見出した。
どうやらこのあたりで、てこ入れがあったようなのだが、
戦記物、冒険物、勇者物、萌えw、子供向け、など
全部を一緒にやろうとして、結果としてどれも中途半端になった感じはする。
また、(戦記ものをやりたいのであれば、正しいのだが)敵ゾイドが、
幹部を除いてバイオラプターのみというのも単調だった。

作画の酷さは近年最低クラス(3D除く)で、普通は力が入っているであろう
最終回もイマイチだった。
やはり韓国人はロクな仕事が出来ないと言う事なのだろう。

と、色々不満もあったが、個人的には10点満点で5.5点くらい。
それに、最終回はあのEDが来なかったからまあいいや。
ちゃんとライガーが走ってたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ゾイドジェネシス #49 決戦

最終回前だというのに、地味というか盛り上がりに欠ける。
今回は次の50話とセットと考えた方がいいかもしれない。

・ルージくん、リーダーになる。
 その力じゃねぇ(笑
 ルージくんが子供らしく頑張るのは良いんだけど、
 おかげで、ルージくんがなんか嫌な子になっちゃった。
 これ、最終回の前の回に入れるエピソードじゃないね。

・都合よく新規合流したディガルド軍「だけ」消滅?
 せっかくの奇襲作戦がうまくいかないあたりは良いんだけど
 犠牲になるのは名無し16師団だけ
 てゆうか、なんでみんな無事なの?

・エンドクレジットを見て知る驚愕の事実
 本編約20分のアニメに声優31人(笑)
 多すぎ!
 (銀ちゃん、ちゃんといるじゃない。フェルミはいないけど。)
 だから、今回は散漫として盛り上がりに欠けたんだよ。きっと。
 脚本段階でもっとキャラを整理して、この半分くらいで良いんで無いか?
 今回の作画は良かったけど、日頃の作画の悪さを考えると
 この予算を少し原画に回した方が…

・ロン先生のゾイド講座
 ムカデ空母キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
 空母の名前はディグ…
 無粋じゃないのかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ゾイドジェネシス #48 神の雷

戦闘シーンは激しく良。っていうか神。
このアニメ中盤からしか見てないのだが、スピーディーなアクションが増えた。
特にヴォルケーノとバイオトリケラが良い感じ。
やっとゾイドアニメらしくなってきた。

・ボラー先生が重要キャラになって、ちょっと嬉しい。
 しかし、ラ・カンのおじさまと兄弟に見える…

・機械兵の謎・その2。
 あの魂のような物体をソラノヒトは「生体エネルギー」と呼んでいた。
 ところで、今までは機械兵のうめき声とか、気にならなかったんだろうか?
 残る謎はエヴォルトするゾイド、ルージくんのゾイド適性、ゴングが背負ってるアレくらいか?

・ザイリンさんはルージくん以外には強いんです。
 さすが主人公!強えーなー…いや、ザイリンさんは主人公違う。
 でも、残り3話、正直ザイリンさんが主人公で良いと思っている自分が居る。

・プロメ部長も良い人になっちゃったなぁ…
 ムラサメの謎のちょっと触れたので、エヴォルトの謎は最終回あたりで
 明かしてくれるんじゃないかと期待してる。

・神の雷
 どんな超兵器の事かと思ったら、バイオティラノのバイオ粒子砲の事だった。
 最初「ジーン砲(仮称)」と聞いて、ちょw、なにそのネーミングセンスw
 デスラー砲(デスラー艦とかデスラー機雷とかも)ぢゃないんだからwだせー
 と、マジでお茶吹いた。
 さすがにジーンが空気読んで「神の雷」と命名。でもどっちも無粋だと思う。

・ザイリンさんとルージくん
 一度はバトルやるんだろうと予想していたが、あっさり和解。
 やっぱり、ミロード村のジェネレーターはルージくんが直すみたい。
 ここだけ恐ろしく作画が良かった。

・機会兵工場から生中継でお送りいたします。
 ソラノヒトが初めて役に立ったかもしれない瞬間。
 なんつーかボラー先生の方がジーンよりカリスマあるなぁ。
 ここにきてようやく機械兵の呻きに耳を傾けるディガルド兵たち…
 雪の中、土偶に抱きついてディガルド兵が悔しがっているシーンが印象に残った。
 友達とか、家族だったんだろうか…?

・メカゲオルグvsラ・カン
 バイオトリケラはシールド(バーリアの力)を装備していた。
 ラ・カンを認識したメカゲオルグが、ちょっとだけゲオルグっぽくなった瞬間。
 だが、おじさま、たぶんあぼーん
 ラ・カンうあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ

・ロン先生のゾイド講座
 何故かコマンドウルフキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
 しかも装備がアーバイン仕様だ!


声優コストの問題で銀ちゃんはもう出ないってあった。
たしかにキャラクター多いもんなぁ…しかもエンディングの萌え具合からは考えられないくらい
コスト高そうなオッサンばかり(笑)
あ、今回フェルミが出てこなかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

久々にPSOBBをやってみたり

今週はオウガの更新無し。

というのはまたPSOBBやっちゃったんですわ。
なんでもEP4でドロップ率が良くなっているというので
3ヶ月以上ほったらかしだし、EP4も無料化したというので入れてみる…
まだ、キャラ残ってたよ!レベル134のレイマー「りっち~★」
(服:赤、武器赤マシンガン、メテオスマッシュ、スタッグカットラリと
 見事全部真っ赤。シャアのファンらしいショートカットが入っている)
初EP4はチキンな事にノーマルからはじめる。
なんかEP1と同じシティに転送されてちょっとやる気がダウンしたものの
総督からクエストを受けて地上に降りると、そこはクレーター周辺。
そこでは、いままでのPSOっぽくないカコイイ音楽が流れてきた。
これは「時の継承者」(ファンタシースター3)メドレーじゃないか!
このゲームは評価低いけど、音楽は間違いなくシリーズ最高峰!
ダークファルス戦→暗黒の街ラシュート→シューソラン( ライアの民の町)
→暗黒の街ラシュート→シューソラン→ライア神殿
→主人公が死んだ時のフィールド曲→ライア神殿
までは解った。あと最後のほうにオープニングも有り。

最初に出た赤箱は銃アイコンだったので、装備してみた…これは、何処から見ても
ド ム の ジ ャ イ ア ン ト バ ズ !
早速シティに帰って鑑定してもらうと、アイテムの名前が
「アノバズーカ」(笑)
つまり黒いレイキャスト3隊集めて、ジェットストリームアタックをやれと。
昔、乱入プレイしていたら、自分以外がドム3体だった事あったなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

ゾイドジェネシス #47 決別

今回は伏線回収の回。
面白かったんだが、ある意味欝展開。
先週の予告に人物が全く登場しなかった事でも解るとおり、
Aパートの作画はまずまずだったが、Bパートの作画は酷かった。
あと演出も最悪に近い。カットインやるとガンダムに見えるからやめれ。

・ジーンの神宣言
 何 こ の 又 吉 イ エ ス w
 もう、笑わせようと思ってやってませんか?
 中盤から先週までのジーンは(キャラデザインは微妙だが)確かにカッコ良かったのだが、
 微妙すぎる作画(目が光ってるイメージ画像?とか)と、絶対神宣言で一気に電波化した。

・ゲオルグ復活
 復活っていうかメカゲオルグっていう感じ。そもそも本当にゲオルグか?
 呼吸音で一瞬ヴェーダー卿かと思ったが、これじゃゴステロだよ!
 っていうかゲオルグ全部3Dなのね。

・ソラノヒトによるディガルド支配のカラクリ
 つまり支配の構図が
 ソラノヒト→ジーン→ザイリン→土偶兵
 とあった。
 先週、ジーンがソラノヒトに反逆して、今週はザイリンがジーン に逆らったと。
 倒さなければならないのはジーンだが、元凶はソラノヒトだなぁ。これは。

・土偶兵の中の人
 ザイリンがロボだと思っていた土偶兵(劇中では機械兵)の中身は
 バイオゾイドに適合できなかった人間の「魂」が入っていた!
 あの公害病にかかった幼馴染をこう使うとは思ってなかった。
 てっきりサイボーグだと思っていたんですが、一応子供向け番組だし、
 放送時間が深夜だったら、銃夢のデッキマンみたいに脳みそとか、
 アキラみたいな状態が入っていたんだろう。
 また土偶兵のカッコ悪いデザインが、悲惨さを強調しているし。
 ぅわああああああああーっ!と叫ぶザイリンがあの場で全力疾走して出て行くんだろうと思っていたら
 ちゃんと全員「成仏」させてあげていた。
 あんた、エエ人や…きっとみんな感謝の言葉を言って成仏したんだろう。
 最後に開放された魂は女の子だったね…
 ところで、土偶兵にわざわざネームプレートをつけ始めたというのは、
 逆らった者がどうなるか?を知らしめる為なのかな?
 宿舎の番をしていた兵士のあの怯え方からすると、「処分」されるというのが
 どういう事か知ってるっぽいなぁ
 しかし。「あれだけの数のバイオゾイドの適合者がいるはずがない!」は
 機械兵の存在をソラが知らなかったと言う事になる。
 とにかく、ザイリンを離反させるのに十分な理由だった。

・「うっかり中将」の汚名を返上したザイリン
 「我が名はザイリン!ゾイド乗りのザイリン!」
 カコイイよ、ザイリン!まるで主人公だよ!
 もう、ザイリンさん主人公で良いよ!
 ヴォルケーノvsティラノキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
 でも時間短いなぁ…あと5分くらい見たかった。

・何故か一緒に裏切るフェルミ
 つまんなくなっちゃったんだそうです。
 あのメカゲオルグや、又吉イエスになっちゃったジーンを見たら、
 普通は「オー人事」だよねぇ。

・ゾイド講座
 何故今セイバータイガーなんですかッ!
 どうせならチームタイガース仕様の黄色を…ゲフンゲフン

・次回予告
 なんかバンクっぽい絵がちらほら…作画しんどいんだな。
 神の雷って、それトールハンマー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »