« XBOX360買っちゃったもんね~ | トップページ | 真・三國無双5 ファーストインプレ »

2007年9月27日 (木)

地球へ…(全24話)感想

久々にリアルタイムで最初から最後まで見たTVアニメ。
映画版はレーザーディスクwを持ってけど、原作は小学生の頃に読んだだけなので
細部はあまり覚えていない、というレベル。
深夜枠から急遽この枠に回ったにしては、まとまりもよく、
最終回は詰め込み杉な気はするが、概ね作画も脚本も安定していた。
カンダムまでのツナギと言われていたが、予想外の良作だったのではないだろうか。

個人的にはラストの締め方は、賛否両論ある映画版の方が救いがあったかな~と思う。
あくまで「個人的に」原作や映画版と比較した上での話であって
同じ枠で放送していた某SEEDや鋼の錬金術師の最終回よりも良かった。
何しろこの枠の最終回は「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
っていうのが多いので(汗)
原作付きとはいえ、上手く風呂敷を畳んだという点では、評価できる。
惜しかったのは、あの超弩級戦艦(名前失念)がメギドに特攻して行く所で
スターウォーズEP6のエクゼクターがデススター(新)に落下してどかーん
を思い出したのだが(絶対狙ってると思う)
前後のシーンを端折りすぎて、訳がわからなかったのが残念。

しかし途中のテロップで「17:30 祝!新シリーズ放送直前!!ガンダム00披露宴」
と流れたんだが、最終回なのに巨大テロップ入れないでよ。
なんだよ芸能人大集合って。

良かった
・作画は安定。
・正直、最近のアニメ声優は良くわからんので、名前を知らない人も多かったが
 悪くなかったと思う。
・最近の原作付きアニメにしては、話の破綻が少なかった
・マツカの最期は素晴らしかった
・あの嫌味な先輩をここまで引っ張るとは思わなかったw
 きっとあのメガネは人類史に永遠に残る伝説の英雄になるんだろうw

悪かった
・ブルーは長生きし過ぎた気はする。
 おかげでジョミーの扱いが中途半端になり主人公不在に…。
・シリーズ構成がやや甘かったかな。
 序盤は結構もたついていた。
・最終回の詰め込み杉というか画面転換早杉。
「メギドが止められない!」のあたりで切って、もう1話あっても良かった気がする。
 キースとマザーの問答とか、メギドシステム戦とか、もっと時間を掛けてやることがあるだろうと…
 それに肝心なコンピュータテラ!!
・てっきりナレーションの若本さんがコンピュータテラを演じるのだと思っていたのだが、
 肝心のコンピュータテラは出てこなかったw
・地球を救うためのSD体制なのに、それを維持するプログラムが地球破壊とか言い出す…これって一体どんな仕様?
 職業柄、「誰だよ!こんな欠陥プログラムを組んだの?w」と本気で思った

DVD版には最終回に追加シーンがあるそうなので…
ってまさか、DVDを買わせる為の物足りなさなのかッ!?

|

« XBOX360買っちゃったもんね~ | トップページ | 真・三國無双5 ファーストインプレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159569/16590356

この記事へのトラックバック一覧です: 地球へ…(全24話)感想:

« XBOX360買っちゃったもんね~ | トップページ | 真・三國無双5 ファーストインプレ »