« 2008年1月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月24日 (土)

真・三國無双5感想(その4)呂布伝詳細

もっと早くUPしようと思ってたんだけど、
先週仕事が忙しくて疲れた…

呂布が使えるようになったので、楽しいと評判の無双モードを一気にプレイしてみたら
これが「呂布とユカイな仲間たちの痛快娯楽活劇」で面白かった。
やっぱりゲームはこうでなくちゃ
以下、詳細

ステージ1:下ヒの戦い -陳宮いいよ陳宮-
ムービーの陳宮(非プレイヤーキャラ)のキャラの濃さに吹いた。
モブ軍師のグラフィックに赤い小さな触覚が2本ついている固有グラフィックときたw
その触覚、呂布とおそろいなのかっ!?
ちなみに呂布伝だけでなく、貂蝉伝でも濃ゆいキャラクターを発揮している。
このステージの敵である劉備あたりより、よっぽどキャラが立ってると思う。
次回はPC化されるといいな。
陳宮が居る事を除けば、ほぼ史実通りに進むシナリオ。
真の呂布伝は次のマップから始まるのだった。

ステージ2:官渡の戦い -リアクション神・袁紹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!-
拠点は手に入れたもののヒマでしょーがない呂布。
ナレーションが大真面目に「戦うべき相手がわからない」とか「退屈な日々を送っていた」
「何ら関係の無い、その戦いに参戦すべく…」と入るだけで、呂布のバカさ加減に爆笑
立て続けに入る冒頭ムービーの袁紹のリアクションにマジ吹いた!腹筋破壊するつもりかい!
今回の袁紹は見た目が優雅で華麗になって(張コウの仕業かッ!)黙って立っていればカッコ良いんだけど、
中身は変ってないどころかパワーアップwむしろこの外見の方がキャラが立っている!アンタ最高だよ!!
結局、曹操までも
我が友よ!今一度共に手を取り合おうぞ」と言い出して袁紹と手を組む…
ええええええええええ~今更、我が友とかしれっとして言うか~曹操ッ?!スゲー胡散臭くてまたワロス
いや、まあ、お前ら5で急に仲良くなったんだね…
なんか楽しく敵殲滅して終了。もうこの呂布は台風とか地震みたいな天災の類だね。

ステージ3:石亭の戦い -太史慈が一番輝いていた日-
孫家に江東を追われた劉ヨウ、王朗、厳白虎ら「江東モブ君主連合」
が曹操にけしかけられて呂布と対戦。
呂布でなくても「誰それシラネ」「あくびが出るほど雑魚ばかり」敵がモブ君主ばかり。
しかも簡単に殲滅できるんで誰が誰だかわからんうちに増えてゆくK.Oカウント。
江東モブ君主連合は、途中で全くかなわぬと見て援軍を呼ぶのだが、
その援軍が袁術陛下と言う、これまた限りなく微妙な援軍。
大したリアクションもなくどこで倒したか解らないうちに居なくなってたw
そんな中、呉軍で空気だった太史慈が一番輝いていた瞬間を確かに見た!
敵本陣にいる王朗の、前のマップのリアクション神・袁紹をも越えうるハンパじゃないビビリっぷりに笑えた
最後のムービーまで、ドリフのようなコントを繰り広げる江東モブ君主三人組…
君らお笑いトリオ結成しちゃえよw

ステージ4:赤壁の戦い -脳筋病に感染した張遼と、脳みそお花畑の張コウ-
またも暇つぶしに大規模な合戦に乱入する呂布一行。しかも今回は張遼までノリノリw
大事な合戦に二度も乱入される曹操と、火計が成功しても呂布に殲滅させられる孫権涙目。
孔明と周瑜の策をアッサリ看破する陳宮カッコよす!
呂布に「わけのわからんやつ」(実際そうなんですが)呼ばわりされ、それでも陶酔する張コウの勘違いっぷりワロタw
「まさか、この私に惹かれて!?」ねーよ!w
情報欄に「張コウ、陶酔!」と本当に出たw<これにどんな意味があるのか不明w
しかし、キミは4以降、何か間違っている方向に進化している気がするよ。
とにかく、呂布くんは楽しんで赤壁を後にしましたとさ。

ステージ5:定軍山の戦い -魔物のむれが現れたっ!-
あの世から返品されてきた董卓・張角連合という、ビジュアル的には過去最高に濃い敵に
思わず固ってリアクションに困ってる呂布軍一行様になんか知らんが盛大に吹いたw
しかも肩書きが「国賊」董卓とキタ
ここまで吹っ飛んでいると、むしろアッパレ。
超序盤に出てやられる張角を生かすには、この手のシナリオじゃないと無理というのはわかる。
でも、これ三国志だよな、一応。
とにかく、やっぱり黄天の世は遠いって事でした。

ステージ6:虎牢関の戦い -中華の中心で武を叫ぶ-
オールスター君主(曹操、劉備、孫権、袁紹、董卓、張角、江東モブ連合、袁術陛下、公孫サンetc)感謝祭-
in 虎牢関・俺様最強伝説に吹いた。
無双君主だけで6人いて、しかも曹操を除く5人とは2回当たるという、最高難易度のマップ。
董卓と張角って確か幽霊だったよね?だったら孫堅と孫策を混ぜてくれても良かったのに…

あれ?最近こんな話を見た気がする…あっちこっちの戦争に、部外者が武力介入して暴れて回り、
最後にオールスター状態…
ガンダム00…これtって00より前に発売したゲームだよなorz

楽しかった。難易度上げてもう一回やろうw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

生存証明 真・三國無双5感想(その3)

書いていたら長くなったので2つに分けます。

最近はオブリビオン(プレイ時間300時間を越えたのに、
まだ全てのクエスト終わってないというw)と真・三國無双5をやってる。
オブリビオンは丸一日纏まった時間が無いとツライので、ここ1ヶ月くらいは無双5をちまちまと。

でもこの真・三國無双5って正直、評判は悪すぎる。ある意味かわいそうなソフトだね。

・操作方法が変わったのに、チュートリアルステージ無い為、システムが理解できずに投げ出す人がいる。
 昔のチャージ攻撃に拘って、殺陣攻撃等の
 「新しい攻撃方法を使いこなす気などサラサラが無い人」は投げ出したんだと思う。
 なお、とっつきにくい事は確かだが、慣れれば鍔迫り合いで圧勝できない凡人(それは私)
 の腕でも殺陣攻撃は使いこなせる。
 まあ最初が必ず「黄巾の乱」なら、それでも何とかなるのだが、
 「虎牢関の戦い」が最初のキャラ(多い)はシンドイし、
 「官渡の戦い」からのキャラ(張遼)だと地獄を見るのも確かなんだけどね。
 虎牢関は呂布を無視、官渡は延津・白馬を守ろうとせず敵大将特攻すれば簡単。
 最初から戦功目標を全部達成しようとしちゃゃダメって事。

 5から入った人はこのあたりが気にならないので、評価している人が多いように見える。

・キャラ萌え需要が高いソフトなのにキャラ減ってる。
 私は手軽なアクションゲームとしてみていて、燃えは重視するが萌えは最重要ではないので
 まーいいかなーと思ってるが、世の中そういう人ばかりで無いということで。
 個人的には、まだ各陣営あと2人削っても良いと思う。
 コレはそのうち詳しく書いてみようかな~と思ってる。

 関連して、人気所の魏陣営の初期キャラクター(夏侯惇等)がテクニカルなキャラばかりで、
 癇癪おこしてる人もいるみたい。
 実は呉陣営から始めると、かなり楽だったりする。

・モーションがコンパチの点も叩かれている
 4までだって劉備・孫権・孫堅・袁紹・董卓がコンパチで、君主戦隊ゴレンジャーだったのをみんな忘れてる…


それでも個人的に擁護できない点は
・4もそうだったのだが、ステージに関係ない武将でもイベントシーンで専用セリフが無い
 これが一番大きい。というかこの理由で私は4より3の方が好きなんだよね。
 とにかく特定のキャラクターでないとイベントが起きないので、
 フリーモードが非常に単調な作業になっちゃう。
 2の袁紹in官渡魏軍や、3の張コウin五丈原蜀軍で泣くほど笑ったのはいい思い出…
 自分的に、このシステムの恩恵に一番あずかっていたのは張コウで、
 彼の全盛期(何の?)は3だと思ってる。
 関係ないが前に書いた張角・張魯が合体妖術は4ではなく3だったようなので、
 張角の全盛期(だから何の?)も3という事になる。(ぇ)

・ボリューム不足
 社会人にはこの程度のボリュームでも半年以上遊べた訳だが(オブリビオンと平行しているというのもあるが)
 それでも、序盤の黄巾の乱:黄巾軍、と虎牢関の戦い:董卓軍、官渡の戦い:袁紹軍の3つは欲しかった。
 せっかく張角が「黄天の奇跡」wで動物まで従えるようになったというのに!
 味方として出てくるステージがひとつも無い。黄天の世はまだ遠い。

 あと、編集できる実機オープニングorエンディング。

・キャラクターデザイン
 概ね満足していてるのだが、プレデターみたいな魏延とか、
 どうみても蛾です。ありがとうござ(ryなホウ統とか
 魏軍驚異のメカニズムなモビルスーツとしか言いようが無い曹仁とか
 あんまりなデザインも多い。

不満はこの3つくらいかな。
次回はスゲー楽しかった呂布伝詳細など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年7月 »