« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月22日 (火)

Fable III 2週目(7):たぶん最終回。ヘタレ暴君が通りますよ。

バウアーストーン市場で会ったある女性市民が俺に言った
「前のローガン王は本当に邪悪な人柄だったわ!それに比べて今の国王は…
ん?あんまり変わらないかも~♪」
この「あんまり変わらないかも~♪」の部分を本当に可愛く言うもんだから、
一瞬、自分も非難されているという事に気がつかなかったじゃないか!w

フツー本人を前にして言わないだろ…言いたい放題言いやがって…・゚・(つД`)・゚・

続きを読む "Fable III 2週目(7):たぶん最終回。ヘタレ暴君が通りますよ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

Fable III 2週目(6):ちょっと心が折れ始めてきた…

デーモンの扉を開けるためにオフラインで別のIDのキャラとデート?してみた。
1Pが1週目王女で、2Pが三週目(予定)の荷物受け渡し用王女。
1Pは身長MAX大女だが、2Pはまだスタート時から体格変わってないので、並ぶと同一人物なんだけど、姉妹みたいでかわいい♪やっぱり女同士は良いよね♪
とダンスを踊ったり、指遊びをしていたりしたのだが…
キス!え!!これだけは私生理的にダメ<扉開けたいから結局したけど
うむ…この世界ではOKでも同性愛とかダメだ。相手が自分だから余計にダメだったんだと思いたい。
ほらこのゲームのベッドインは画面真っ暗だし…
1P側を現在進行中のヘタレ暴君(王子)にするか、2P側に新キャラ王子作ってやるべきだったか…

続きを読む "Fable III 2週目(6):ちょっと心が折れ始めてきた…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

ゲイリー・ムーア死去

今朝の新聞の訃報欄をみてビックリ!
ゲイリー・ムーア??マジで!?そんな歳じゃなかったはず!
誰それ?という人に説明すると、日本人が好きな三大泣きギタリストの一人。
(あとの二人はたぶんウリ・ロートとマイケル・シェンカーだと思う)
伊藤政則はギターの人間国宝と呼んでいた。
まだ原因不明らしいけど、心からご冥福をお祈りいたします。
フィリップ・ライノットやコージー・パウエルで天国でバンド組んで楽しく過ごしてくれ…

アフターザウォーツアーだったかな。
東京公演が即完売して川崎まで見に行った事を思い出すなぁ。

続きを読む "ゲイリー・ムーア死去"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

DragonAge:Origins 序盤の感想

同じバイオウェア社が作っているMassEffectや、直前にやっていたFable3との比較になるかな。
オブリビオン(TES)やFalloutみたいなオープンワールドゲームではなく、ストーリーに乗っかってドラマを楽しむタイプ。
選択肢によって微妙に相手の反応が変化はするが、大まかなストーリーは変わらない(と思う)。「大人のロマンス」有。
こう書くとFableっぽいけど、あんなブラックジョーク満載な変化球ではなく、もっと直球の王道ファンタジーRPG。
でもFableよりコアゲーマー向きかな。
大まかにはMassEffectをファンタジーにした感じなので、MassEffect経験者はすんなりプレイ出来ると思うけど、そうでない人説明書をよく読む必要があるかもしれない。
ローカライズは英語音声+日本語字幕。
ちょっとプレイした感じ、専門用語が分かり難いせいか、日本語そのものが難解なので、専門用語が多い箇所に関しては字幕を読むより、むしろ英語音声を聞いていた方が直感的に解りそうな所もある。
この辺りが、洋ゲーローカライズにおけるスパイクとマイクロソフト日本法人の技量(資金?)の差なんだろうと思う。
1年以上前のゲームなので、同社の最新作であるMassEffect2と比べると、グラフィックが一段劣る。

CERO-D指定なので、高校生以下の皆さんもOK

続きを読む "DragonAge:Origins 序盤の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

Fable III 2週目(5):暴君始めました。

誰かが言った。Fable3は王になってからが本番だと…。

続きを読む "Fable III 2週目(5):暴君始めました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

Fable III 2週目(4):王様なう

今時、Fable3の攻略日誌をブログに書いているのなんて、日本中で私一人くらいだろう。

続きを読む "Fable III 2週目(4):王様なう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »